EXPLORO RACEMAX

02

舗装路でも未舗装路でも、スピードを求める。
RaceMaxフレームに込められたのは“スピード ”だ。

  • 外観はロードバイク
  • ロードバイクのように走れる
  • グラベルに突入できる

ロードバイクと見間違えるデザインに、高い次元のレーススピード、ワイドタイヤ での走破性、 快適な走行性能を 1 本のフレームに凝縮した。

03

タイヤがあり、フレームがある。

単に〇〇幅まで対応とうたうのではなく、カタログ上のタイヤ幅での推奨とは異なり、実際にホイールに取付けた際の取付外径である RAM とリム幅に依存するタイヤ幅の実測値からフレームを企画。数多くのサンプルを計測し、実測幅WAM のデータを採取した。

04

WAMは トラクション、耐パンク性能、転がり抵抗、エアロ効果に影響を与える。走行シーンとライダーによる速度域に加えタイヤ実寸幅を考慮。 RaceMax は、 近年増加しているタフコンディション で、高い速度域を求める ライダー達がチョイスするタイヤ幅に合わせフレームデザインを行った。

06

RaceMaxには実測で 35 42mm 幅のタイヤを推奨。ロードバイク同様に速いスピードを得る事ができる。これ を Race セットアップと 呼び、完成車えの EXPLORO RACE ラインナップを展開。トラクションを稼ぐならば、最大61mm 幅の実寸サイズを持つタイヤでの走行も可能だ。これを Max セットアップと 呼び、完成車では EXPLOROMAX として展開する。

ロードサイクリスト、グラベルレーサー、グラベルサイクリストと様々な要望に応えるフレームが RaceMax だ。

DESIGN IS IN THE DETAILS
07 PERFECT AERO CUTOUT

後方への空気の流れを整え空気抵抗を低減

08 MIND THE GAP

ダウンチューブ下のクリアランスも最小限に デザインし整流効果を高めている

09 HUGE CLEARANCE

EXPLOROでの最大 54mm 幅から最大61mm 幅に ワイド化高いトラクションを得る

10 75mm DOWN TUBE BASE

ボトルマウント付近のダウンチューブは 75mm 幅とし空気抵抗を低減

11 46mm DOWN TUBE NECK

ダウンチューブ上部は前輪からの空気の流れを整える 46mm幅

12 SIZE SPECIFIC DOWNTUBE

XXSサイズにおいて も 2 本のボトルスペース を 確保

13 NARROW HEAD TUBE

前面投影面積を少なくする細めのヘッドチューブ

14 BIG STEERER

1½インチの大径パイプを使用高い剛性のステアチューブ

15 MINIMAX HEADSET

細いヘッドチューブと大径ステアチューブに合わせた専用のヘッドセットを採用

16 MINIMALIST CROWN

ロードバイク同様に極限まで薄く設計 されたフォーククラウン

17 PURE ROAD FORK LENGTH

一般的なグラベルフォークよりも 25mm 短いロードバイク並み のフォーク長は高い剛性とエアロ 効果を得る

18 DOUBLE DROP CHAINSTAYS

右側はクランククリアランスを確保し左側 のチェーンステイもオフセットする事で剛性を確保

19 THREADED BB

完成車にはネジ式のBB を採用

20 DIRECT MOUNT REAR BRAKE

160mmローターをデフォルトとしたダイレクトマウント

20 DIRECT MOUNT FRONT BRAKE

160mmローターをデフォルトとしたダイレクトマウント

21 INTEGRATED FENDER MOUNTS

オプションで設定される専用フェンダーがセット可能

22 SELF ALIGNING WEDGE CLAMP

弱いトルクの際に自動調整し確実な固定 を実現

23 RITCHEY RAIL CLAMP

スタンダードとなりつつあるリッチー製ヤグラはオーバル真円レールに対応

EXPLORO RACE MAX 完成車/フレーム

topに戻るボタン