イメージ1

現代版スポルティーフバイクをコンセプトにして製品化されたEXPLORO PRO105。
カーボンフレーム/カーボンフォークにアルミホイールの組合せで重量は9.5kgと軽量な仕上がり。
ボリューム感のあるダウンチューブにホワイトのペイントが光る。


イメージ2

極太のBB周りに収まるPRAXIS製のクランク。ツーリングユースに最適な48/32Tのダブルギアをフロントドライブに採用。舗装の登り、下りでの扱いやすさとシングルギアと異なり輪行時のチェーン落ちも防げるため、日本でのツーリングユースに最適。32Tのインナーリングは急な坂道でも安心して登る事ができる。


イメージ3

トップチューブにレイアウトされたボトル台座は、ボルトオンで装着できるトップチューブバッグに対応。ダンシング時のトップチューブバッグの揺れを防ぎペダリングの快適さに繋がってい る。アッセンブルされているハンドルはベストセラーのSUPERERGO PRO。絶大な支持を得ている3Tのハンドルラインナップの中で最もコンフォートなハンドルで、ブラケットからショルダー部分にかけての握り心地が良く、長距離を走る際に快適さをもたらしてくれる。


デフォルトで700Cホイールがアッセンブルされ、転がりの軽いWTBリドラー700x37cタイヤとの組合せで、舗装路からグラベルを軽快に楽しむ事ができる。また、他のEXPLOROシリーズと同じくオプションで650Bホイールと組み合せての使用が可能。27.5インチのMTBタイヤならば幅2.1インチまで入れる事ができるフレーム/フォークは、ダートはもちろんシングルトラックでも高い性能を発揮する。


DISCUS PLUS C25 PRO
オプション

3T DISCUS PLUS C25 PRO ホイール

http://3t-bike.jp/wheel-discus-plus-c25w-pro.html
イメージ4

イメージ5

振動吸収性に優れたカーボンフレームに、太目のグラベルタイヤを履いた際にも十分なエアロ効果を得る事ができる形状は、オフロードでの快適性はもちろん、舗装路のロングライドでも体感する事ができる。

XPDTN JAPANクラブライドでも軽さと優れた快適性でインプレッションも好評を得ている。


XPDTN JAPAN CLUB RIDEページ
http://3t-bike.jp/technology/xpdten-japanclub-ride.html

EXPLORO PRO 105 Japan Limited

EXPLORO PRO 105 Japan Limited


本体価格\340,000+税
  • フレーム:3T EXPLORO PRO
  • カラー:Glossy black and white
  • ステム:3T APTO PRO
  • ハンドル:3T SUPERERGO PRO
  • シフター/ブレーキ:SHIMANO 105
  • Fメカ:SHIMANO 105
  • Rメカ:SHIMANO 105
  • クランク:PRAXIS ALBA 48/32T
  • チェーン:HG 601
  • カセット:CS HG700 11/34T
  • ローター:RT70 センターロック160mm
  • サドル:WTB SL8
  • タイヤ:WTB RIDDLER 700x37c
  • ホイールセット:SHIMANO RS-170 700c